Stadt Bayreuth

ハイライト

映画フェスティバル コントラスト(2月)

毎年開催される3日間、バイロイトは老若男女を問わず短編映画ファンのメッカとなります。フェスティバル コントラストでは、プロとアマチュア制作の(短編)映画のハイライト作品が上演されます。主催者であるバイロイト・フェスティバル e.V. にとって、映画の機械的な技巧の高さよりも、オリジナルなアイデアをいかに映画化するかという創造性をより重視しています。

バイロイト・イースター・フェスティバル (4月)

イースター・フェスティバルは、ヤング・オーケストラアカデミーによる、クラシックからジャズまでの幅広い優秀なコンサートをお届けします。その利益は、国際ヤング・オーケストラ・アカデミー文化・社会財団に一任され、慢性疾患及び小児癌治癒の為に使われます。

ムジカ・バイロイト(5月)

オーケストラ、室内管弦楽、そしてソリストによる一連のクラシックコンサートは、数十年来、町のカルチャーライフの中で定番となっており、また祝祭歌劇を除いた大きな文化イベントとなっています。ムジカでは、バロック音楽から前衛音楽まで、活気溢れる変化に富んだプログラムがお楽しみいただけます。

レイトナイト・ミュージアム (5月)

2001年よりバイロイト市では、所属博物館や観光スポットを、レイトナイト・ミュージアムというイベントで、午後8時から夜中の1時まで、一般公開します。その数は約30箇所あり、多彩な特別企画、コンサート、講演そしてガイド付きの見学など魅力たっぷりの夜をお楽しみいただけます。

スパルダ銀行 クラシックオープンエアー・コンサート

スパルダ銀行 クラシックオープンエアー・コンサートは、クラシック音楽を、屋外の旧宮殿の前の広場Ehrenhofで、無料でお楽しみ頂けます。

劇団スタジオ・ビューネ サマーシアター (5月から8月)

バイロイトの人気劇団スタジオ・ビューネが、夏の期間、ウィルヘルミーネ辺境伯夫人がエレミタージュ宮殿やサンスパレー宮殿庭園内に建てさせた歴史的建造物の廃墟劇場、そしてピアノ製造会社シュタイングレーバー & ゾーン社の中庭劇場で、野外劇場での公演を催します。

ウニ・オープンエアー (6月)

ウニ・オープンエアーは、毎年6月にバイロイト大学のキャンパスで催される音楽フェスティバルです。コンサートには、国内外から新旧老若男女の音楽奏者が出演します。最初は、ほんのこじんまりとした学生コンサートであったのが、今では、地域を越えた名の知れ渡ったフェスティバルに発展しました。しかし、当初の学生らしいアットホームな雰囲気は今も受け継がれています。

セント・ゲオルゲン スウィング

2011年から7月にバイロイトの音楽的光彩が、ひとつ加わりました。セント・ゲオルゲン スウィングというイベントで、この歴史ある市街地区に感動的なジャズ演奏の花火が打ち上げられることになったのです。すでに第1回目から1万人以上もの音楽ファンが遠近各地から集い、大好評を博しました。

バイロイト・ピアノフェスティバル (6月 / 7月)

伝統に培われたピアノ製造会社、シュタイングレーバー & ゾーン社での精錬されたピアノ演奏。この会社では、このフェスティバル期間以外にも一年中を通じて、ハイグレードな文化イベントが企画されています。たとえば、フェスティバル “ ニューミュージックの為の時間 “ 、巨匠によるピアノコンサート、ならびに劇団スタジオ・ビューネによる中庭でのシアターなどです。

リヒャルト・ワーグナー祝祭歌劇 (7月25日から8月28日まで)

毎年夏のバイロイトは、文化溢れるリヒャルト・ワーグナーの音楽についての芸術的論争の中心地になります。バイロイト音楽祭は、町の名だけでなく、歌手、指揮者、監督、舞台美術家をも世界的に有名にしました。リヒャルト・ワーグナー祝祭歌劇の開演を知らすファンファーレの合図で、世界中から訪れた観客達が、緑の丘の祝祭劇場に流れ込みます。

ヤングミュージシャン・フェスティバル(8月)

国際的な若者の為の祝祭歌劇での集いは、今日ヤングミュージシャン・フェスティバルと呼ばれ、この数年で、80を超える国から数千人の学生を出迎えました。毎年、祝祭歌劇の時期に国際的な集まりで、芸術のほとんど全ての分野で新しいアイデアの為の試みが行われます。

アカペラ・フェスティバル “ Sangeslust“ (10月)

2011年より、10月の数日間このアカペラ・フェスティバルで、バイロイトは声楽芸術のメッカとなります。 世俗的宗教的にかかわらず、また有名無名にかかわらず、この Sangeslust(歌いたい欲求)イベントは、アカペラファンにとっては見逃せないものです。

バイロイト・ジャズ November(11月)

このイベントは、いつの間にか良き伝統となりました。毎年11月の数日間バイロイトにジャズが浸透します。このジャズフォーラムは、日々バイロイトでは見ることの無い音楽家を舞台に引きだします。それが、Billy Cobhan、Joahim Kühn、Jasper van’t Hof、Adam Nussbaum、または、Victor Balileyであったとしても、ジャズ Novemberは、彼らを総てバイロイトに連れて来るでしょう。